離婚体験ユーザーレビュー

離婚についてのコラム記事

熟年離婚とはいつ頃から増え始めたのか

f:id:user-re:20170516022003j:plain

熟年離婚は中年や高齢者になってから離婚をする事の総称ですが、ある時期から一気に熟年離婚件数が増え始めたと言われています。その時期とは夫婦の年金分割制度が制定された時期になります。この制度が制定されるまでは、長年働いてきた夫(もしくは妻)の厚生年金の受給資格は本人にしかありませんでした。

そのためずっと専業主婦もしくは主夫だった人は支給される年金額も少なく、老後の資金の不安などから離婚に踏み切れないケースも多かったのです。

しかし年金分割制度が出来てからは老後の年金も夫婦で分割出来るようになったため、今まで専業主婦だった人でも年金額を多く受給できるようになりました。その結果熟年離婚に踏み切る人も多くなったとされています。

熟年離婚は長年夫婦をやってきた為今更別れて生活が変わるのを嫌がる配偶者や、歳をとってこれから老後の生活資金を慰謝料などで減らしたくない人が離婚を渋るケースもあります。

夫の退職金が入った時に離婚を切り出す妻もいますので、そういった多額のお金が動く場合には離婚の話し合いも長期化する可能性があります。

妻から離婚を提案されるケースが多いとされている

熟年離婚では妻からいきなり離婚を提案されたというケースも非常に多いです。長年不満を持ちながらも惰性で夫婦生活を続けてきた妻も、ある程度の年齢に達すると自分の人生も終わりが見えてくるようになります。

子供が成人して独立しても、夫の食事や身の回りの世話などをしなければならない日々が続きます。

自分のしたい事を自由に出来ない生活のまま人生を終えるのが嫌で離婚を考え始める人も多く存在しています。長年の夫婦としての情を培う事が出来ず、相手への不満で冷め切ってしまっている間柄だった場合は残りの人生を自分の自由に行きたいという理由で、妻から離婚を切り出される事もあるのです。

熟年離婚では妻から離婚を提案されるタイミングが多く存在し、夫の退職後・義父母が弱ってきた頃・子供の手が離れた頃に何らかのきっかけや不満の爆発などから離婚に至る事があります。

妻からいきなり離婚を迫られる事も多々あるため、今まで妻が離婚をしたがっているなど考えもしなかった夫の場合は突然の事に戸惑ってしまう場合もあるようです。

義父母の介護で夫婦間に亀裂が!?

熟年離婚の原因の一つとして義父母の介護問題があります。介護というのはたとえ資格を持っている介護士であっても大変なものです。それを素人が一人で面倒を看なければならないのですから、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかってしまいます。

本来ならば介護施設に入っていてもおかしくないレベルの義父母を、施設に入れるのがかわいそうだからという理由で嫁に面倒を看させようとする夫や義理の兄弟姉妹は残念ながら一定数存在しています。

今まで大変可愛がってもらったりお世話になった義父母ならばモチベーションを保ったまま介護出来るかもしれませんが、姑や舅にいびられ続けたのに介護まで強要されたとか、大してお礼も言われず義理の兄弟姉妹にも嫁がやって当たり前のような顔をされていたのでは嫌になったとしても仕方ありません。

そして夫は仕事を理由に大して協力してくれない場合も多々あります。

このような場合、最終的には養父母の介護とそれに伴う夫の頼りなさなどで愛想を尽かし、離婚を視野に入れる人も出てきてしまうのです。

退職後の生活変化が熟年離婚の原因に

夫もしくは夫婦両方が退職をした後は、同じ屋根の下夫婦で一緒に過ごす時間も多くなります。

まだ新婚だった頃や付き合いたての頃だったら一緒に楽しく過ごしたり、どこかに遊びに行ったりしてラブラブに過ごせますが、長年連れ添った夫婦の場合はそういった新鮮さはありません。

どこかに出かけるでもなく、一日中ダラダラと家に夫がいる生活になる事も多々あります。夫が働きに行っていて妻が専業主婦や短時間のパートだった場合、日中に掃除をし、お昼は適当な物を食べ、夜だけ食事をしっかり作っていれば良かったのが、夫が定年退職をした途端に朝・昼・晩と準備をしなければならなくなったので夫の身の回りの世話に苦痛を感じる人もいます。

今までやっていた掃除もゴロゴロしている夫を尻目に行わなければなりませんし、今まで夫がいない日中に主婦仲間や友達とランチに行ってストレス発散をしていた人もそれをしにくくなり、夫が邪魔に感じてしまう事もあります。

今まで自分一人で過ごせていた時間が少なくなってしまうため、夫に対するストレスがどんどん蓄積されてしまいます。こういった事がきっかけで離婚に至る事もあるのです。また、夫側にしても今まで仕事をしていたのに急に暇な生活になりストレスが溜まってしまう事があります。

これを趣味などで発散出来れば良いのですが、ついつい妻にあたってしまう人も存在します。

その結果夫婦喧嘩を度々するようになり、離婚へとつながっていく事も考えられます。

子育てが終わると夫婦仲も終わる!?

熟年離婚のタイミングの一つとして子育てが終わった後が挙げられます。夫婦仲が冷め切っていたり自分の中で離婚を考えていたとしても、子供が成人するまではと我慢をする人達も多いです。

小さい頃に片親になってしまうとしつけの問題もありますし子供がかわいそうと考えます。

そして何より子供を抱えて生活をするとかなり経済的に困窮する可能性もあるのです。そのため子供にお金がかからなくなるまで我慢するしかないと考える人も多く、子供の独立を機に離婚に踏み切ります。

子供が独立するとフルタイムで働く時間も出来ますから、自分と子供の収入を合わせれば充分生活をしていく事が可能です。夫の収入に依存しなくて良くなった妻は夫と対等な立場になるので色々な事を我慢しなくて良くなるのです。

今までは口答えをせずに黙っていた妻も夫に言い返す事が出来るようになり、その結果夫婦喧嘩も多くなる場合があります。

子育てが終わるのをきっかけに夫婦関係も終わりにしたいと考える人は多いため、この時期に離婚を切り出されると夫婦で協力して子供を育てるという理由も無いので夫婦関係の修復も難しく、そのまま離婚に至るケースも多々あります。

hoken-kyokasho.com